介護福祉士 資格

MENU

介護福祉士資格の取得方法と仕事

介護・福祉という業種はこれからさらに必要とされる仕事になってくると思います。
そういった中で介護福祉士は平成27年から受験資格が厳しくなるようです。
ですから介護福祉士の資格を取りたいという方は今のうちに取っておくのが良いのではないでしょうか。
介護福祉士の資格を取る方法としては大きくスクールや通信講座ということになると思います。
どちらの方法にするのかは費用や自分の生活スタイルに合わせて決めるのが良いと思います。
あとはスクールに通学する場合は地域によって通える地域にある場合とない場合がありますからそれらも調べないといけません。
ですが最近は無料で一括資料請求という便利なものもありますからそれを利用するのが良いのではないでしょうか。
これならいろいろ探したて比較する手間も省けますね。

介護福祉士とはどういったものなのか

介護福祉士は人間の尊厳を支えて、その人らしい生き方を支援していく専門の国家資格です。
介護福祉士は、利用者の生活の質と日常生活動作の向上を目指して、その人らしく快適な日常生活を営むことができるように支援していきます。
その人らしさを表現できるような援助を行うことで、利用者の日常生活動作と生活の質の維持、向上に繋がるということを介護福祉士は忘れてはいけません。

 

また、人間の尊厳とは、全ての人が個人として尊重されるということです。
利用者の尊厳を保持して支えることが、その人の自立に繋がります。
利用者本位の介護を行い、利用者の意思に尊重した個別的な支援を行うことが必要とされます。
実際には難しい場合もありますが、利用者が自立した生活を送るために、できるだけ利用者自身が選択して自己決定をすることが大切です。
利用者の自己決定を促すように配慮すること、自己決定を持つという姿勢で介護を行うことも必要です。

 

また、何もかもをやってあげるのではなく、選択や意思決定を大切にしなければなりません。
利用者ひとりひとりがどんなことに興味があるのかを観察して、やる気を起こさせるために何らかの働きかけを行ったり、その人のペースに気長に待ってあげるということも大切です。

介護事務資格について

介護関係のシックには他にもいろいろあります。
その中で多くの方が取るのが介護事務の資格です。
ここで介護事務といっても介護事務管理士、ケアクラーク、介護事務実務士などの資格がありそれぞれ特徴が違います。
仕事としては医療事務のようなもので事務仕事です。
ですから介護福祉士のような仕事ではありませんが介護に関わるということでは近いのではないでしょうか。
詳しくはこちらの介護事務資格をご覧ください。